脳トレーニング
効果を最大限に発揮するために
必ずしなければならない準備とは?

脳トレーニング

受験生や学生に とって
正しい勉強法で勉強すること や記憶術など特別な勉強法
そして具体的になにを勉強するのかな どを改善することで
かなり勉強効率は高めることができます。


そして脳に悪い習慣を脳に良い習慣に変えるこ とで
さらに勉強効率は高めることができます。


そして勉 強効率を高めるために
強烈な 効果を持っているのが脳トレーニングで す。


脳トレーニングをするだけで
勉強効率が上がるとは思えないと いう人もいると思いますが、
脳トレーニングにはすさまじい効果が あります。



たとえば速 聴というトレーニングがあります。


速聴とは、通常の音 声を数倍の速さで聞くトレーニングですが、
これをするだけでも脳 の回転速度をかなり上げることができます。


普通の人が文章を読むときは
その文 字を頭の中で唱えているはずです。
これを追 唱というのですが、


速聴をすることでこの追唱速度を上げるこ とができます。


車を運転する人ならわかると思いますが、
高速道路で時速100キロで走った後に一 般道路に戻ると
いつも走っているスピードがかなり遅く感じます。


速聴にもこれと同じ効果があ ります。


1回、速聴しただけでも効果は実感す ることはできますが、
その効果はすぐになくなり元の状態に戻ってしまいます。

速聴を習 慣化することで
常に脳 の回転速度を高く保てるようになります。


速聴には、脳の回転、記憶力、集中力、やる気、理解力、速読な ど
様々な能力を高める効果が あります。


もしあなたが
脳の力を最大限に活用したいの であれば
脳トレーニングをおすすめします。

目標・目的を明確にする

あなたはなぜ天才になりたいの ですか?

どのような脳トレーニングをどのようなペースで行うか
ということも脳の能力を引き出すためには大切な のですが、


脳を鍛えるために
まず最初にしなれければならないこと
目標・ 目的を明確にすることです。


人によって天才になりたいという気持ちはいろいろあ ると思います。


あなたが速読や記憶術マスターしたいだけで あれば
1ヶ月ほどの脳トレーニングをすれば
十分マスターすることができると 思います。


しかしそ れ以上の能力を発揮したいのであれば
もっと長い期間のトレーニングが必要になる かもしれません。


目標や目的を持たずに脳ト レーニングをしても
十分な 効果を発揮できないはずです。


まずは天才になる目標・目的を明確にしてください。
目標・目的を明確にすることで脳トレーニングの効果を
十分に発揮することができます。

目標・目的の立て方

それでは脳トレーニングを始める前に しなければならない
目標設 定の4つのステップを紹介します。


STEP1 なぜ天才になりたいのか?目的を明確にする

あなたも目標は試験に合格することか もしれませんし、
仕事でその能力を発揮したい かもしれません。

まずは自分がなぜ天才になりたいのか?
その目的をなるべく細かい部分まで明確に してください。


STEP2 どれぐらいの能力を手に入れたいのか?その数字を具体的に決める

せっかく脳トレーニングをしても
その成果がわからなくては
脳トレーニングを継続することは難しいは ずです。

脳トレーニングを始める前に
現在の能力を把握することが 大切です。

たとえば読むスピードの能力であれば
1分間に何文字読めるのか計測
それを何文字まで読めるようになりたいのか?

それを具体的な数字として目 標を立ててください。


STEP3 いつまでにその能力を手に入れるのか?

脳というのは程よいプレッシャーを与えるこ とで
行動し結果を出すことができます。

STEP2で決めた目標をいつまでに達成したいのか明確に してください。


STEP4 目標・目的を紙に書き出す

あなたが今までにやろう!と決心したことを
すぐに忘れてしまい結局達成できないと しても
それはあなたが意志が弱いということではありません。

人というのはどうしても頭で考えるだけでは、
そのことを忘れてしまいます。

脳トレーニングだけではなく
目標・目的を立てるときに一番大事なこと
紙に書き出すということで す。


STEP1からSTEP3で明確にした目標・目的を紙に書き出し、
勉強机などいつも見るところに張っておいてください。



脳トレーニングを行ううえで
目標・目的を明確にすることは最も大事なことで す。

面倒くさい気持ちもわかりますが、目標・目的を明確にしなければ
せっか く時間をかけて脳トレーニン グをしても
その効 果を十分に発揮することができません。


まずは目標・目的を明確にしてください。

⇒脳の限界を超え潜在能力を発揮


CSSレイアウト