勉強時間を大きく節約する
受験生武器

速読活用法

このページでは受験生のための速読活用法を 紹介します。


受験生にとって一番大切なものは時間では ないでしょうか?

速読を使うことで
勉強時間を大きく節約する ことができます。


教科書、参考書、本などを読 んでいると
読んでいても理解できない部分な どもいくつかあると思います。


普通に読んで理解できないことを
速読を使ったからといって理解することは難しいの ですが、

理解できなかった部分もその後の文章を読むことで
理解で きることが数多く存在します。


そしてどんなに記憶力がいい人でも
一度勉強しただけで受験本番まで
すべてを暗記していることは不可能で す。



物事を長期間記憶するために は
とにかく何度も反復すること がどうしても必要です。


そして速読を使うこ とで
短時間に大量の反復を することが可能になります。




受験勉強を速読のみで 何とかしようとすることはオススメできませんが、


速読を予習や復習に使うこと で
かなり効率よく勉強することができます。

受験生のための速読活用5つのポイント

それでは受験生のための速読活用5つのポイントを紹介します。



POINT1 教科書をもらったらすぐに速読する

教科書の内容は1年かけて
最初から順番に習っていくのが普通ですが、

一度、教科書を速読しておくことで
これから習っていくことの全体像が把握で きるので

効率よく勉強できるようにな ります。


POINT2 授業の予習に速読を使う

本当は授業の前日にしっかり予習を 行うことで
授業を効率よく受けることができるので
できるだけ前日に予習をして もらいたいのですが、

毎日しっかりと予習することは大変だと思います。

授業が始まる直前や始まってすぐの短い時間を使い
その授業で習いそうな範囲を速読し てみてください。

かなり効率よく授業内容を把握で きるようになるはずです。


POINT3 授業の復習に速読を使う

一回授業を受けただけでテストまで全てを覚えているのは不可能です。

長期間記憶するためには何回も復習することが必要で す。

そして授業を受け内容を理解しているその日のうちに
まずは復習することで正しく記憶するこ とができます。

できれば家に帰って寝る前には
今日習ったことを復習してもらいたいと 思います。

そして授業が終わる直前、終わった直後の短い時間で
授業の内容を速読してみてく ださい。
一瞬で復習を一回分終わらせ ることができます。


POINT4 テスト範囲を全て速読する

テスト範囲が発表されたらまずは全て速読し てください。

そうすることで一度テスト範囲すべてを復習す るだけではなく
何を勉強しなければいけないのかが把握で きるので
テスト勉強期間の計画を立てることに も役立ちます。


POINT5 複数の参考書を速読する

通常の勉強では参考書は1冊に しぼった方が
迷いがなく効率よく勉強でき ますが、
速読の場合は複数の参考書を読んでみるのもオススメで す。

参考書によって同じ分野でも説明の仕方や書き方が違うは ずです。

同じ分野について書かれた参考書を何冊か速読することで
一つの分野をいろんな角度から読み取るこ とができますので
より理解や記憶を深めることが できます。



今回は受験生が速読を活用するための5つのポイントを紹介しましたが、

速読の活用法はまだまだあるは ずです。



あなたも今回の5つのポイントをアレンジし て
自分の速読活用法をあみ出してみるの もいいのではないでしょうか?


速読があなたの受 験勉強の大きな武器になってくれるはずです。
 

⇒1冊の本を1日ですべて記憶

おすすめ脳トレーニング

メインメニュー


CSSレイアウト