人生1/3

睡眠と潜在意識

人それぞれ睡眠時間は違いますが、
日本人の場合は1日約7時間30分、
およそ1 日の3分の1を寝てすごしています。


この時間は1ヶ月にすると225時間
1年では、2737時間という大きな 時間です。


睡眠というのは身体や疲れを取るだけではなく、
脳にも 大きな影響を与えています。


しかし、ほとんどの人は睡眠に
あまり気をつかっていないのではないでしょうか?



人生の3分の1を占める睡眠時間をう まく活用することで
疲れを 効率的にとるだけではなく、
潜在意 識をコントロール
人生を 思い通りに生きることができるようになります。



まずはあなたにも
睡眠の大きな価値を感じても らいたいと思います。



ところで、あなたは潜 在意識という言葉は知っているでしょうか?



人はそれぞれ毎日の行動を
頭で考えて行っているように感じるかもしれませんが、
行動そして頭で考えていることの
95% 以上がこの潜在意識からきています。


眠りをうまく活用することで、
潜在意識をコントロールし自動的に
自分を コントロールすることができるようになります。

効率よく疲れをとり、行動力をアップさせる睡眠方法

それでは、まず睡眠で効率よく疲れをとり
毎日の行動力をアップさせるポイントについてお伝えします。


POINT1 胃の中をカラッポの状態にしてから寝る

食べ物や水分が消化されていない状態で睡眠に入ると
消化にエネルギーを使うことになり
疲れを取るためのエネルギーが消化にまわってしまいま す。

寝る前の4時間は食べ物や水分を取らないよ うにしてください。


POINT2 完全に真っ暗な状態で寝る

音や光がまったく無い状態で寝ることで
より回復できることが実感で きるはずです。

どうしても音と光が無い状態を作れない場合は
アイマスクや耳栓を使ってく ださい。


POINT3 自分にあった睡眠時間を確保する

睡眠不足や寝すぎというのは
脳の能力をかなり下げてしまいます。

人それぞれ適した睡眠時間は違いますので
自分にあった睡眠時間を見つけ
その睡眠時間を確保するよう にしてください。


POINT4 毎日決まった時間に起き、起きたらすぐに脳を使う

朝起きてからボーっとしていたり、
テレビを見るなどの行動をしていると
1日中ボーっとした状態が続いてしまいます。

朝、脳をフル回転させることで
1日中脳をフル回転させるこ とができます。

あなたが学生、受験生であれば
朝はおきてからすぐに勉強をはじめる習慣をつけてください。


POINT5 その日にやることを紙に書き出す

やらなければいけないことを
朝のうちに全て紙に書き出してください。

行動する前に紙に書き出すこ とで
より素早く確実に行動を終わらせるこ とができるはずです。



これらのポイントを意識して睡眠をとることで
毎日の 活動、脳の能力を発揮できていることを実感できるはずです。

潜在意識をコントロールする睡眠方法

そして睡眠を使って潜在意識をコントロール する方法ですが、


寝る前のうとうとしている時がとても重要なポイントに なります。


うとうとしているとき
顕在意識と潜在意識の間にある境界線が弱くなっています。


うとうとしている時に考えていることは
そのまま潜 在意識に刷り込まれていくので
次の日の活動に大きく影響します。


あなたにも寝る前の習慣にしてほしいことが二つあります。


STEP1 次の日に達成したい目標を紙に書き出す。

寝る前に次の日に達成したい目標を紙に書きだしてください。

どのような方法で達成するのかと いうことは
潜在意識が勝手に考えてくれ ます。


STEP2 穏やかでリラックスした精神状態で睡眠に入る

不安や怒りなどのマイナスの感情で 睡眠に入ってしまうと
その感情が潜在意識に刷り込まれてしまい
次の日もその感情を引きずってしまいます。

自分は何をしているときが楽しいのか?
最近うれしかったときはどんなときだったか?
などプラスの感情しかでてこない質問を 自分にしてみてください。

そうすることで穏やかでリラックスした精神状態を 作れるようになるはずです。



人は人生の3分の1の時間を寝てすごしますが、
睡眠に入る前のちょっ とした時間
良い睡眠をとるために使うことで大きく人生が変わってし まいます。



眠たいときに紙に書いたり精神状態を意識することは
メンドウに感じるかもしれません。


しかし、
人は人生の3分の1を眠りの中で過ごしています。
眠りを 大切にすることは、人生を大切にすることと同じです。

良い睡眠をとることで
強い集 中力、目標達成能力、良い思考
手に入れることができるはずです。


あなたも今日から睡眠を少しだけ意識してみてください。

⇒脳を活性化させる13の習慣


CSSレイアウト