良い習慣悪い習慣

脳の機能を高める

あなたは、小さい頃
「早く 寝なさい!」とよく言われなかったでしょうか?


寝る子は育つといいますが、
大人になっても睡眠不足とい うのは
脳にか なりダメージを与えてしまいます。


しかしテスト前や受験生になると寝る時間を惜しんで
勉強しなければいけないことも多いかと思います。


どうしても徹夜して勉強しなければいけないこともあるかもしれませんが、
脳のことを考えるとどうして も徹夜しての勉強はオススメできません。



脳の機能を高め、勉強の効率をあげるた めには、
健康な 肉体をたもつことが大切に なります。



睡眠については次のページでくわしくお伝えしていますが、


脳の機 能を高めるためには栄養・睡眠・血流の3 つを
正常な 状態にする必要があります。


不健康な状態でいくら努力し勉強しても

思考力や記憶力などがどうしても落ちてしまいます。

脳の機能を正常にするためのポイント

それでは脳の機能を正常にするためのポイントをいくつか紹介します。


・水を1日2リットル飲む。

水分は人間の身体には大切なものの一つですが、
水を飲むときの注意点が2つあります。

冷たい水ではなく常温の水を飲む。

食前の30分、食後の2時間は水を飲まない。


・1日10分程度のハードな運動を習慣にする


運動神経と頭がいいというのは関係がないように感じますが、
実は運動能力と脳は大きく関係し ています。

運動不足では、血流をいい状態をたもつことができませ ん。

運動方法としてサーキットトレーニング
などがオススメです。


・タバコやアルコールを摂取しない



・正しい姿勢を心がける



・野菜や魚などを含むバランスの良い食事をする



・朝、太陽の光を浴びる



習慣を変えるというのは大変だ とは思いますが、
不健康な身体でいくら努力しても
効率よく勉強することはできません。



上記でいくつか脳の機能を高めるためのポイントを紹介しましたが、


とにかく
身体を 健康に保つことで、
脳の機 能を高め

より短時間の勉強で効率よく勉強するこ とができるようになります。



10代20代の頃というのは健康に気を使わなくても
身体に異常を感じることはほとんど無いと思いますが、

脳は身 体の状態を敏感に感じています。



いきなり全ての習慣を健康的な習慣に変えることは難しいと思います。


まずは一 つずつでいいので悪い習慣を減らし
良い習 慣を増やすように心がけてみてください。


健康な身体を手に入れることで
想像以上の能力を手に入れることができるは ずです。

⇒行動力・潜在意識をコントロールする睡眠方法


CSSレイアウト